fc2ブログ

たとえば、この世界は5分前に創造されていたとしていても、俺はその現実を受け入れる余裕などは、どこにも持ち合わせてなどいない。SEASON12

社会…それは暴挙の巣窟である。そこにはゆとり世代の想像を絶するありえない習慣、窮屈な生活が待ち受けているに違いない。これは人類n番目の試みとして、混沌の世界に飛び込んだどこにでもいる元一学生の絶望に満ちた物語である、、、

2009.1214


2009.1211
正式記事


Mr.裕と「東のエデン」を豊洲に観に行った
期末テスト三日目の後の話だ


雨、自転車は諦めてバスで駅に向かうことにした
バス通りの曲がり角、目の前をバスが通る

このままだと間に合わない

走る、走った、間に合うか?
幸いバス停に人がいて停車していた
運転手も後ろから走ってくる哀れな姿をミラーで確認していたらしく
乗車するのを待っていてくれた
乗れたのはよいものの
映画の前売券を持ってき忘れていることに気付く
正直手遅れだ
終点、乗ったバスに再度乗車
コレで数十分のロス


地下鉄で向かった
東西線から千代田線、そして有楽町線という
どうみても遠回りルート
と思いきやMr.裕の話をしていたら
気付いたら竹橋駅(大手町駅の次)
飯田橋駅を使うという手もありましたが
大手町ルートを決行
失態っすね

なんとか旧造船所に着くことが出来ました
映画上映までそれなりに時間があったので
下の階のスタバ強行


あとは
なんかして
帰宅


土日はテス勉になったのは
言うまでもない
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

コメント投稿フォーム
Secret